日経225オプション、2019年1限月のSQ値は20,290円67銭でした。2018年12月限のSQから1,500円ほど下がりました。下がり続けてますね。

2018年は日経がマイナスで終了。2019年に向けて好材料のないまま年初を迎えています。

オプションの主戦場は2限月に移っています。IVは高めですが、リスクも高くなってますよね~

さて、以下に2019年2月限の各権利行使価額における現在のプレミアムと、SBI証券の先物・オプション口座で売りポジションを1枚建てたときの証拠金を示します。

コール権利行使
価額
プット
証拠金プレミアムプレミアム証拠金
305,400722375  
337,6001122250  
372,3001422125  
403,9002022000  
446,6002421875  
490,3003421750  
527,3004421625  
570,1005821500  
612,6007521375  
655,3009621250  
692,00012521125  
735,10015521000  
761,20019020875  
800,90023020750  
833,80028020625625797,000
860,70033520500605768,900
876,80039020375(ATM)540736,000
907,70046020250475703,700
914,20055020125430664,600
  20000375636,400
  19875330602,500
  19750325562,400
  19625265528,500
  19500240498,200
  19375205464,300
  19250205440,400
  19125165411,500
  19000155380,700
  18875135358,400
  18750120335,600
  18625120311,900
  1850098286,900
  1837587264,800
  1825079246,500
  1812580230,100
  1800065211,000
  1775056179,800
  1750045153,200
  1725038128,800
  1700032110,200
  160001747,000
  150001039,200
  14000639,200

SQ日は2019年2月8日(金)です。残存日数は27日。1ヶ月切ってます。

2018年12月の急落でSPAN証拠金がエライことになってます。ATMでロングストラドルを組んだらなんと証拠金150万越え!

IVはATMで21%程度と比較的高止まりしてますね。プット16000以下に妙味アリですかね。

さて、この状況で以下のショートストラングルポジションを建てたとしましょう。

  • コール22250:11円1枚売り(証拠金337,600円)
  • プット15000:10円1枚売り(証拠金39,200円)

満期日にどちらもイン・ザ・マネーになっていなければ(11 + 10)×1000 = 21,000円の利益となります。必要証拠金は376,800円です。100万円の入金で月利2.1%となります。

各権利行使価額のATM(現在20375)との差は、コールが1,875円、プットが5,325円です。

これも通常であればまず勝ちますね。後一か月で日経が5,000円以上下がったら日本がヤバい。世界もアウトな感じですよね。ないとはいえんけど・・・。

それにしても証拠金が高いですな~。ロングを絡めるとなると入金額を多めにするしかありません。200万円でもポジションが限られてしまいます。

証拠金が上がっているということは、相場のボラティリティが上がっていてリスクが上昇してますよ~というメッセージなので、いつも以上にシートベルトを締めなければなりません。

そう、舐めてると即死するのがオプション。ヘッジは必ず行いましょう。

225オプション売買については以下にまとめています。テクニカル用語から知りたい方は第1回からどうぞ。