日経225オプション、2019年1限月のSQ値は20,481円2銭でした。2019年1月限のSQから1,90円ほど上がりました。

2019年1月は日経が少し戻しましたが、2月第1週末に急落しています。チャートは極めてイヤな形してますね~。

オプションの主戦場は3限月に移っています。ボラティリティがそれほど上がった感じではないですが、ここから原資産である日経が下がるとオプションも盛り上がるかもしれません(今は参戦してないので盛り上がらんでもええねんけど)。

さて、以下に2019年3月限の各権利行使価額における現在のプレミアムと、SBI証券の先物・オプション口座で売りポジションを1枚建てたときの証拠金を示します。

コール権利行使
価額
プット
証拠金プレミアムプレミアム証拠金
196,700722000  
223,500921875  
248,8001321750  
276,8001721625  
304,8002421500  
337,8003421375  
381,0004621250  
423,6006121125  
469,8008921000  
502,20011520875  
547,00015520750  
581,60020020625625605,400
606,70025520500550576,700
631,60028020375(ATM)470542,300
644,50038520250355503,700
674,90042520125310473,300
  20000270444,900
  19875235417,100
  19750200392,100
  19625180363,500
  19500165334,900
  19375140303,700
  19250115274,900
  19125105244,500
  1900087218,100
  1887580190,400
  1875067170,900
  1862565156,600
  1850052141,800
  1837549123,300
  1825043105,300
  181253697,600
  180003380,600
  177502662,200
  175002345,700
  172501941,600
  171251841,600
  170001641,600
  167501441,600
  165001241,600
  162501041,600
  16000941,600

SQ日は2019年3月8日(金)です。残存日数は27日です。

SPAN証拠金はちょっと下がりましたかね。ATMでロングストラドルを組んだら証拠金120万くらいになっています。

IVはATMで17%程度とちょっと下がりました。あまり妙味のない限月になりそうです。

さて、この状況で以下のショートストラングルポジションを建てたとしましょう。

  • コール21875:9円1枚売り(証拠金223,500円)
  • プット16250:10円1枚売り(証拠金41,600円)

満期日にどちらもイン・ザ・マネーになっていなければ(9 + 10)×1000 = 19,000円の利益となります。必要証拠金は265,100円です。100万円の入金で月利1.9%となります。

各権利行使価額のATM(現在20375)との差は、コールが1,500円、プットが4,125円です。

うーん、考えたらコール側がATMに近すぎるんですけど、先週末の下落とチャートを見る限り勝ちそうなんですけどね~。オプションで油断は命取りなんですが。

それにしても日経チャートがヤバい。2月は荒れそうな予感・・・。

証拠金は先限月に比べてぐっと下がりました。2セット組みたくなる気持ちが沸々と湧いてきますが、舐めてると即死するのがオプション。ヘッジは必ず行いましょう。

225オプション売買については以下にまとめています。テクニカル用語から知りたい方は第1回からどうぞ。