日経225オプション、2019年3限月のSQ値は21,348円40銭でした。2019年2月限のSQから900円ほど上がりました。

3限月は堅調に上昇しましたが、ここ数日は下げていますし、個別株は配当などの思惑でどのようになるかわかりませんので注意が必要です。

オプションの主戦場は4限月に移っています。2年以上もおあずけを食らっているのでそろそろヨダレが出てきました(笑)。次のボーナスそやろな~。

さて、以下に2019年4月限の各権利行使価額における現在のプレミアムと、SBI証券の先物・オプション口座で売りポジションを1枚建てたときの証拠金を示します。

コール権利行使
価額
プット
証拠金プレミアムプレミアム証拠金
206,6001422750  
225,8001722625  
252,2002122500  
277,9003022375  
302,7003722250  
328,8005022125  
359,8006322000  
397,8008221875  
432,60010021750  
473,50013021625  
511,60015521500  
546,90019521375  
572,50022021250700586,900
593,70029021125690558,500
628,10035021000(ATM)495535,300
616,90040020875520502,500
662,30047020750390464,700
  20625340436,800
  20500305420,400
  20375270389,900
  20250230367,900
  20125205341,600
  20000185313,500
  19875155287,300
  19750135262,100
  19625140237,400
  19500110211,300
  1937593187,300
  1925082166,500
  1912572145,900
  1900064125,200
  1887555109,500
  187505095,200
  186254284,500
  185003865,800
  183754057,800
  182503145,900
  181253243,300
  180002443,300
  177502043,300
  175001743,300
  172501343,300
  170001143,300

SQ日は2019年4月12日(金)です。残存日数は34日です。

SPAN証拠金は先限月とあまり変わりません。ATMでロングストラドルを組んだら証拠金120万くらいになっています。

IVはATMで17%程度でこちらもあいかわらずカスのままです。うーむ、盛り上がらんな~。

さて、この状況で以下のショートストラングルポジションを建てたとしましょう。

  • コール22750:14円1枚売り(証拠金206,600円)
  • プット17000:11円1枚売り(証拠金43,300円)

満期日にどちらもイン・ザ・マネーになっていなければ(14 + 11)×1000 = 26,000円の利益となります。必要証拠金は249,900円です。100万円の入金で月利2.6%となります。

各権利行使価額のATM(現在21000)との差は、コールが1,750円、プットが4,000円です。

コール側がATMに近すぎるんで、ポジションを組んでから様子見でさらにアウト側で買いヘッジですかね。まぁ買わないんで関係ないんですけど!(笑)

チャートは微妙な形になってきましたが、まだ上昇基調のままです。下落確定したら一気にプットが盛り上がるかもしれませんよ~。

225オプション売買については以下にまとめています。テクニカル用語から知りたい方は第1回からどうぞ。