最近FXは休止中だったのですが、FXチャートを見ていてやってはいけない「思い付きトレード」をやってしまいました。裁量トレードはやめて積み立てや両建てのみを行うつもりで投資を再開したのに、まだ懲りてないようです。痛恨の極みです。

1年以上封印できていたのでこの病気は完治したと思っておりましたが、突発的に入金→ロング→損切とわずか3日のうちに損失を計上してしまいました。

先週末にFXチャートを見ていて、ドル円とユーロ円のチャートが「なんとなく上がりそう」に見えたのです。

日足では、ドル円はボックス相場で下限から反発、ユーロ円は上昇相場で高値更新、という(ようにみえた)タイミングでそれぞれ1万通貨を購入しました。

まずドル円のチャートはこちら。

これはボックスの下値で反発!と思ってしまいますね・・・(少なくとも私は)。MACD等のテクニカルも反転上昇を示唆しておりましたので、1万通貨購入してしまいました。

続いてユーロ円のチャートはこちら

こちらはかなりの上昇基調ですね、直近での高値をブレイクした(ように見えた)ので、同じく1万通貨を購入。

そして翌日含み損合計約2,000円、2日後含み損約6,000円、3日後含み損30,000円越え・・・。

あえなくロスカットとなりました(図中の青○でロスカット)。損益は以下の通りです

GMOクリック証券(FXネオ):

  • USD/JPY 買い 10000通貨:-8,480
  • EUR/JPY 買い 10000通貨:-23,540

合計でマイナス32,020円となりました。ぐはぁ・・・。

いい加減なトレードの代償は大きかったです。久しぶりに裁量トレードを行ってしまった私の心理のポイントをあえて書くと以下の通りです。

  • FXチャートを眺めていると、なんとなくトレードしたくなった
  • 誰が見てもドル円はボックス、ユーロ円は上昇基調で、わかりやすかった
  • 実際に抵抗線を引くと、明らかにロングのタイミングや!と思ってしまった
  • たまたまGMOクリック証券口座に資金を残していた
  • ついついポチってしまった

まぁ、私の場合、失敗する時の事前の心理はだいたいこんなもんです。この「なんとなく」、「ついつい」という感覚でうまくいくのは天才のみなのはわかっているのですが、1年以上ぶりの裁量トレードにワクワクしてしまったのでしょうねぇ・・・バカですねぇ・・・。

ということで、わずか3日での決済となってしまいました。積み立て投資信託の含み益の半分を溶かしてしまいました。

ぐむむ・・・、今度裁量トレードをしたくなったら、深呼吸してこの記事を読んでからもう一度考えよう・・・。

ちなみについ最近下記記事を書いているにもかかわらず、この有様です・・・反省。

https://gorimutyu.com/toushi-saikai-blog