FX投資

トルコリラ運用失敗談:2016年7月の出来事

FX
congerdesign / Pixabay

2016年7月にトルコリラ運用にて失敗しています。クーデター未遂ですね。週末をまたいでいましたのでポジションを保有している私にできることはありませんでした。ここでは主にその時の心理状態について述べたいと思います。

トルコでクーデターが始まったのは7月15日でした。日本時間では16日土曜未明です。つまり、前日の15日金曜の晩は特に何事もなく、その時たまっていたスワップポイントを眺めてニヤついてから就寝しました。

当時はFXを始めて1年くらいで、楽天証券にてトルコリラの運用を開始して2か月目くらいでした。当時はトルコリラとシンガポールドルの相関が極めて大きく、TRYの買いとSGDの売りでバランスをとり、トルコリラの高スワップを狙うポジションを建てておりました。

買い建玉はなんと17万トルコリラ!(証拠金は100万円

今から思えば正気の沙汰ではないのですが、以前の2255オプションでの負けに懲りずハイレバレッジで運用していたのです。

というものトルコリラは上げ基調で、スワップは110円もついておりましたので、一日約1500円ものスワップを得ておりました(SGDの売り分を差し引いた額)。

開始したのが5月末だったので7月15日時点での総スワップは8万円となっており、ホクホク状態で就寝となったのですが、土曜の朝起きてみると・・・。

金曜の晩より1円ほど下げてる・・・。

すぐに調べると、ネットには「トルコでクーデターか!」の見出しがそこら中に散らばっておりました(というかそれ一色)。

土日は予定がありませんでしたので、朝から晩までクーデターの情報収集! 食事もほとんど取らずにサイトの更新!、を続けておりました。

生きた心地がしない、とはまさに当時の私の心境を表しています。ネットでは月曜朝は最大で20円も下げる等の情報が錯綜しており、もし20円も下げたら17万通貨だと340万円の損失!!!なんと入金額(100万円)の3.4倍です。

終わった・・・(←実際に貧血になり一瞬視界が真っ暗になりました)。

2日間は誰とも口を利かず(言葉がほとんど耳に入らないので)、時々ネットをチェックして後は布団に包まる、という活動(?)に終始しておりました。

結果的にはクーデターが未遂に終わり、日曜午後の時点でほぼ終息のニュースがちらほら出ていたことから、月曜朝の時点で週末から約2円ほどの下げで済みました。もちろん成行決済注文を入れていたため、約35万円の損失!、となりました。

資金の7割をFXの証拠金に投入した結果、資産の3割を失ってしまいました。もしクーデターが鎮圧されていなかったら・・。マイナス300万超えもありえたでしょう。

ここから学ばずして何から学ぶのか、と馬鹿なスタンスを改めると誓って現在に至っております。その前の225オプションでのミスに懲りてないからやってしまったのですが・・・、さすがに2回もやると目覚めます(たぶん・・)。

225オプションでの失敗談はこちらにまとめております。

オプション運用失敗談:2013年5月23日の出来事
オプションの解説を第3回まで行いましたが、ここで私の過去の失敗談を紹介したいと思います。解説ではオプションは基本「売り」...

225オプションとFXでそれぞれ痛恨のミスをやらかしておりますが、そのミスとは「資金管理の甘さ」の一言に尽きます。

オフェンスよりディフェンス!、とはどの良本にも書いてありますが、実践できている人は一握りです。その一握りに入らねば資産が増えることはない、と肝に銘じて運用していきたいと思います。

スポンサーリンク
シェアする
GORIMをフォローする
資産運用五里霧中
タイトルとURLをコピーしました