SBI証券でコツコツとIPOの抽選にトライしております。5月の初めに半年の結果を報告しました。あれから2か月近くたっていますので、その間の状況を紹介したいと思います。結論から言うと苦行の日々となっています(笑)。

SBI証券では、抽選に申し込んで外れると必ずIPOチャレンジポイントが1ポイントもらえます。抽選にはIPOチャレンジポイント枠というものがあり、申し込みの際に投入するIPOチャレンジポイントを決めて、多い人から順にその枠内で当選するというものです。

S級IPOに当選するためには最低でも100~200ポイントくらい必要と言われていますので、先の長い闘い(笑)になりますね・・・。

まず、私の5月最初の時点でのIPOチャレンジポイントは31ポイントでした。約半年間コツコツとほぼすべてのIPOに申し込んでの総ポイント数です。

SBI証券でIPOにトライし始めて半年:IPOポイントはどれくらいたまる?

あれから2か月たちましたが、下記の通り現在のポイントは35ポイントです。2か月でたったの4ポイント増!なのです。

うーん、確かに4~5月は新規上場会社の数は少なかったですが、申し込みは4件以上していたんですよねぇ・・。どうしてこうなったのかというと、

預入資金が購入価格に満たなかったから!

だったようです(泣)。IPOはどうせ外れるから、と、何件か申し込んでも抽選日にみることはほとんどなかったのですが、通常外れた場合は「落選」と表示されるところに「抽選対象外」と出る場合があったのです。しかも最近は結構な回数となっておりました!

これは何か条件が合わずに抽選からもれてしまったのかなぁ~くらいに考えておりましたが(詳しく調べるのはサボっておりました)、実は私のせいだったのです。

SBI証券には100万円入金し(SBIハイブリッド預金です)、NISA口座で投資信託を毎月5万円積み立てております(現在80万円)。したがってIPOに回せるお金が毎月減っており、直近では20万円しか残高がない状態でした。

今年の春くらいまでは投資信託以外の残金がまだそこそこあったため、IPOに申し込んでも大丈夫だったのが、春過ぎあたりからこれが足りずにアウト、となっていたのですね。

資金が20万円しかないのに、最低購入数100株の銘柄を1株2,500円で申し込んだりしていたということですね。なんともったいない・・・。

調べてみたらこれまでに10ポイント以上ゲットしそこなっていました・・(泣)。ちゃんと注意していれば今頃45ポイントだったのですね・・・。

ということで追加資金を30万円入金し、しばらくはトライできそうです。

うーん、ボーナスが入っても225オプションに参戦できるか怪しくなってきましたが・・・、頑張りたいと思います。