債券積立投資

【資産運用】個人向け国債(変動10年)の金利:債券の積み立てでどれくらいたまっていくの?

債券

こんにちは。日々迷いながら資産運用に取り組んでいるGORIMです。

資産運用ポートフォリオに債券を組み入れています。

外国債券ETFか日本国債か迷ったのですが、結局日本の個人向け国債(変動10年)を積み立てることにしました。

ポートフォリオの配分率は約10%なので、年齢からすると少なめですが、株式100%よりは若干の安心感があります。

2019年8月から、SBI証券で毎月3万円ずつ購入しています。

本記事では、個人向け国債の低~い金利がどれくらい積みあがっていくのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

個人向け国債の金利と受け渡し日

個人向け国債(変動10年)の最低金利は0.05%です。

銀行の普通金利に比べればちょっとはマシなので、預貯金は個人向け国債にするのも一手ですね。

SBI証券での個人向け国債の買い方は、以下の記事で説明しています。

【資産運用】SBI証券での日本国債の買い方
資産運用において、債券を組み入れることは非常にオーソドックスな方法です。私もSBI証券で月に3万円ずつ、個人向け国債を購入しています。本記事では、SBI証券で個人向け国債を買う方法について紹介します。

金利は年に二回受け渡しされます。つまり購入後半年後に一回目、1年後に2回目の入金があります。

毎月購入していれば、あたりまえですが徐々に入金額が増えていきます。

最初の半年間はなにも起こりませんが、半年後に毎月1回分、1年後に毎月2回分、1年半後に毎月3回分、といった具合に増えていきます。

ややこしいので表にまとめたものがこちら。実際に私が購入を開始した第112回個人向け国債(変動10年)から第116回までを例にしています。

第112回第113回第114回第115回第116回
購入日2019年7月2019年8月2019年9月2019年10月2019年11月
2019年9月
2019年10月
2019年11月
2019年12月
2020年1月
2020年2月入金
2020年3月入金
2020年4月入金
2020年5月入金
2020年6月入金
2020年7月
2020年8月入金
2020年9月入金
2020年10月入金
2020年11月入金
2020年12月入金
2021年1月
2021年2月入金
2021年3月入金
2021年4月入金
2021年5月入金

毎月一定額購入するわけですから、金利が入金される月も1月ずつズレていきます。

半年ごとに、「1か月あたりに入金される件数」が増加していくわけですね。

私の場合、2020年8月から毎月2件、2021年2月から毎月3件分の金利が入金されています。

実際に入金された利息の推移

銀行の普通金利よりはいい、とはいってもしょせん0.05%。期待してはいけません。

私の場合は毎月3万円の購入ですから、年利0.05%だとたった15円です。

しかも当然ながら税金が20.315%かかりますので、実際の入金額は半年ごとに6円です。

下記は最初の半年~1年間の実績ですが、7円入金されて1円税金がかかっていますね。

2020年2月に最初の金利を受け取ってから、2021年5月まで、計30件の入金がありました。

トータルで・・・、

180円なり!!!

いやー、ショボい、ショボすぎるで、個人向け国債さん・・・。

まぁ、インフレになって金利が上昇すれば、変動金利なので利息も増えていくんですけど・・・。

まぁ、国債が破綻するときは日本が破綻するときなので、超安全資産であることはいうまでもありません。

ポートフォリオの堅牢化に貢献しているだけでよしとしましょう。

スポンサーリンク
シェアする
GORIMをフォローする
資産運用五里霧中
タイトルとURLをコピーしました