SBI FXトレード「積み立てFX」1年の結果:新興国通貨が残念な結果に

  • 2018-10-6

SBI FXトレードの「積み立てFX」を始めて約1年が経過しました。インデックス投資は投資信託、iDeCoやWealthNaviで行い、米国株はOne Tap Buyでコツコツ積み立てています。

さて、私のポートフォリオで最も成績が悪いのがFXです。長らくプラ転していません。

長らくといってもまだ1年間の結果ですので通過点に過ぎないのですが、積み立てFXは当時新しいサービスでしたので、一旦結果を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

積み立て通貨と1年間の動き

積み立て通貨

SBI FXトレードで「積み立てFX」を始めたのは2017年9月です。レバレッジは小さめで、1通貨単位から積み立てられるのが魅力に感じました。

現在、積み立ているのは以下の6通貨です。

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • 南アフリカランド
  • トルコリラ

SBI FXトレードで積み立てられるのは他にカナダドル、人民元、香港ドルの3通貨です。全部で9通貨のうち、私はスワップがプラスである上記6通貨を選択しました。

南アフリカランドは月10,000円で毎日積み立て、他の5通貨は月4,000円で毎週積み立てており、合計で月30,000円となっております。

レバレッジはトルコリラと南アランドのみ2倍、残りはすべて3倍です。

1年間の通貨の動き

まずは各通貨の1年間の動きを見ていきましょう。米ドルから。

購入当時からみるとやや円安となっています。現在(2018年10月)は昨年11月の安値でブロックされている感じですね。

2018年春先からははっきりと円安基調が見てとれます。

続いて英ポンドがこちら。

やや円安に見えますが、ほぼ変化なしですね。ポンドと円は拮抗しているようです。

ポンドのスワップは上記通貨中最低なので、円安になってくれるとありがたいんですけどね~。

続いて豪ドル。

円高になってます(泣)。うーん、一応スワップ業界(?)では安定性、金利差の点でエース級なんですけどね・・・(笑)。

なかなかうまくいきません。

さて続いて兄弟版のNZドル。

まぁ、気持ちよく豪ドル君と同じ動き。さすが兄弟。スワップでは勝ってますが、兄貴分(豪ドル)に比べるとやや動きが大きいような気がします。

この兄弟が頑張ってくれんとなぁ~。

さて、ここから暴れん坊の登場です。まずはランド君から。

まったく意味不明な動きをしてますね。読めなさすぎる。さすが対円10円以下の通貨。

しかしスワップは重量級なので、せめて円高にならずにトントンでええのに・・・。

最後はでましたトルコリラ。あんまりしゃべりたくないけど(笑)。

いやー気持ちいいくらいの下げ基調。美しすぎます。2018年8月の急落も素晴らしく、その後の戻り売りチャンスっぽい感じなんか芸術的ですな(泣)。

困ったもんです。

1年間の成績

さて、通貨の動きから予想はつくと思いますが、思いっきり含み損です。

1年間の成績は以下の通りとなっております。

通貨購入残高(外貨)評価損益スワップ差引損益
米ドル1,433ドル+4,5021,680+6,183
英ポンド1,065ポンド+258534+793
豪ドル1,878ドル-7,9751,509-6,465
NZドル2,042ドル-9,0801,564-7,515
南アランド19,340ランド-15,0073,019-11,988
トルコリラ4,143リラ-29,6006,597-23,003
合計-56,90214,903-41,995

うーん、いけませんね・・・。

新興国通貨ブラザーズにいいようにやられてしまってます。米ドル一強の様相を呈していますね。

必要証拠金は345,665円ですので、証拠金ベースの損益は驚愕のマイナス12%!!

積み立て投資信託と真逆の結果となりました。ぐはぁ・・・。

救いはスワップですかね。1年間で14,000円ほどになっています。証拠金ベースだとプラス4.3%となっており、インデックス投資の平均期待リターンとほぼ同程度となっています。

インデックスと違う点は、金利差が大きく縮まらない限り確実にリターンとなることですね。これがその他の積み立て運用と大きく異なる特徴です。

スワップの効用については以下の記事から。

SBI FXトレード「積立FX」の1年間での結果は燦燦たるものですが、10年以上の運用を目指していますのでこんなところでメゲているわけにはいきません。

コツコツいくのみです。積み立てFXの詳しい内容はこちらから。

さて、来年はプラ転してるといいのですが、どうなるかな?

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク




プロフィール

Author: GORIM
投資歴約8年の中年サラリーマンです。コツコツドカンの連続で退場寸前でしたが、住宅購入を機に運用額、レバレッジを大きく減らして再開。時々結果と個人的所感を綴ります。住宅ローンの完済まであと○○年!

→プロフィール詳細

ページ上部へ戻る