SBI FXトレードに積立FXがあります。2016年10月から開始されました。私も2017年8月後半から開始しています。小額の積立額で自動購入することができ、リスクを抑えた長期運用が可能です。積立FXの特徴・メリットについて紹介したいと思います。

SBI FXトレードの積立FXでは、1~3倍の低レバレッジで運用することにより、レバレッジ25倍の店頭FXに比べて為替変動リスクを抑えることができます。

また、定期的に自動購入することで購入タイミングを分散させ、長期的に購入価格を平準化(ドルコスト平均)させることができるため、相場の好転をゆっくり待つことが可能です。

これらのメリットにより積立FXの口座数は増えており、現在運用口座の約6割がプラス運用となっているようです。

店頭FXだと利益口座と損失口座の割合は同程度とのことですので、積立運用の利点が表れているようですね。

スポンサーリンク







小額から定期的に定額自動購入が可能

2017年10月時点で積立FXで購入できる通貨は以下の9通貨です。

  • 米ドル
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • 人民元
  • 南アランド
  • トルコリラ
  • 香港ドル

すべて1通貨単位からの購入が可能です。1米ドル、1ポンドなどの小額からの購入が可能です。それ以上は0.01通貨単位で設定できます。最大購入可能額は毎月100万通貨単位です。

なぜかユーロがありません。個人的には積立購入したい通貨なので、今後の導入を期待します。

積立FXでは日本円での定額購入も可能なので、毎月の購入額を固定したい場合はこちらがお勧めです。

毎月1円、と入力することも可能ですが、小数点第3位以下は切り捨てとなりますので、レバレッジ1倍だと0米ドル、と表示されます。

購入頻度は毎日、毎週、毎月の3つから選択することができます。それぞれの購入日時は以下の通りとなります。

  • 毎日:毎営業日 AM11:30
  • 毎週:毎週水曜日 AM11:30(水曜が営業日でない場合、翌営業日)
  • 毎月:毎月26日 AM11:30(26日が営業日でない場合、翌営業日)

レバレッジを抑えた低リスクの積立

レバレッジは米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルが最大3倍まで、人民元、南アランド、トルコリラ、香港ドルが最大2倍です。

以下は米ドルを毎週購入し、レバレッジ3倍で毎月10,000円積み立てる場合の設定画面です。

現在のレートだと、月に264.31米ドル購入することになります。購入頻度は毎週ですので、4営業日に分割されて毎週水曜に2,500円ずつ証拠金が減っていくことになります。

設定したレバレッジと購入時の為替レートを掛けて、購入する通貨数が決定されます。

上の例の場合レバレッジ3倍ですので、実際の購入元本は毎週7,500円ずつ、毎月30,000円ずつ増えていくことになります。

低レバレッジなので投資効率は落ちますが、一方で過剰なリスクを軽減することができます。

つい全力購入してしまう人(私です)には非常に有効です(笑)。投資は長期的視点で、失敗しないことが最重要です。

証拠金維持率が30%を下回った場合、強制ロスカットされます。

スワップポイントの受け取りも可能

積立FXは外貨購入のみが可能なので、高金利通貨を保有した場合には日々スワップポイントを受け取ることができます。

ただしスワップポイントの額は、各通貨国の金利動向によって日々変動します。日本よりも低金利通貨を購入すれば、スワップポイント分を毎日支払うことになります。

下記は2017年10月時点での私の外貨取引一覧詳細画面です。

各通貨を毎週1,000円ずつ、毎月合計20,000円積み立てています。

「スワップポイント」の欄に各通貨で受け取った額が表示されています。トルコリラはさすがに一歩抜きんでています。

現在7週目ですので、必要証拠金はそれぞれ7,000円ずつですが、購入残高はレバレッジ3倍の通貨で21,000円、2倍の通貨で14,000円となっています。

1、2円ずれているのは、購入通貨数の小数点第3位以下が切り捨てられているからです。

すべてプラススワップ通貨ですので、ほったらかしていてもジワジワ資産が増えていきます。上図を見ればわかりますが、まだ購入元本が小額のため、ほんのちょっとずつです。

スワップの効果については以下から。

口座開設

SBI FXトレードでの口座開設・維持は無料です。最短5分で申し込みが完了します。公式サイトの口座開設をクリックして下記の流れで情報を入力していきます。

SBI FXトレード公式サイト

入力は1ページで完了します。まず申し込みのサービスでは、「FX取引口座及び積立FX取引口座」を選択すると良いと思います(別々に申し込めますが、手間は一回で済む方がいいですね)。

その後、確認事項にチェックを入れて、マイナンバー通知書類と本人確認書類をアップロードします。

本人確認用の提出書類には4つのパターンがありますが、自分の所有する書類に応じた提出方法を選択します。私は個人番号カードを持っておりませんので、「通知カード+免許証の裏表」を毎回選択しています。

これらの確認書類は「Webアップロード」と「メール・郵便」を選択することができます。最速で申し込みする場合はWebアップロードを選択しましょう。

最後にお客様情報、職業情報、財務情報・投資経験を入力し、注意点などのチェックを行って申し込み完了となります。

約3日から1週間で口座開設通知書が届きます。指定口座に入金後(クイック入金が便利です)、取引開始となります。

まとめ

SBI FXトレードはFX専用業者です。証券会社のFXサービスと比較してスプレッドやスワップポイントの点において優位です。

米ドル/日本円のスプレッドはなんと0.27銭で業界最高水準です。

そのSBI FXトレードの積立FXは、小額から購入可能、低レバレッジ、定期定額購入によるリスク低減などのメリットがあります。

一度設定してしまえばあとはほったらかしとなり、短期トレードでは短気になってしまって損失を重ねてしまう人にはうってつけの長期運用方法になります。

購入可能通貨にユーロがないのが唯一といっていいデメリットですが、運用資産の多くないサラリーマン投資家には長期運用を行う上で優れた投資手法ではないかと思います。

SBI FXトレードでは、新規口座開設限定の「500円入金特典」などキャンペーンを定期的に行っています。

FX口座の開設は無料で、最短5分で申し込みが完了です。申し込みは下記公式サイトから。

SBI FXトレード公式サイト

私の積立も、長期的に育っていってくれることを願っています!