昨年11月からSBI証券にて投資信託を運用を開始して5か月が経過しました。最初の3か月の間は60万円(NISA口座)で運用し、その時点での資産額は614,396円でした(プラス14,396円)。日経はこの3か月で下降→上昇となっておりますが、他のデリバティブと比べて長期向けといわれている積み立てインデックス投信の運用結果を示します。現在保有している銘柄は以下の5つです。

  •  三菱UFJ国際―eMAXISバランス(8資産均等型)
  •  ニッセイ―ニッセイ日経225インデックスファンド
  •  ニッセイ―ニッセイ外国株式インデックスファンド
  •  ニッセイ―ニッセイ国内債券インデックスファンド
  •  レオス―ひふみプラス

3か月目から、毎月10,000円ずつそれぞれに積み立てており(計5万円)、現時点で合計750,000円保有しています。

私の運用総資産は150万円ですので、現在投資信託比率がちょうど50%ですね。2017年5月1日時点でのそれぞれの評価損益は以下の通りです。

  •  三菱UFJ国際―eMAXISバランス(8資産均等型):+2,151
  •  ニッセイ―ニッセイ日経225インデックスファンド:+1,848
  •  ニッセイ―ニッセイ外国株式インデックスファンド:+4,684
  •  ニッセイ―ニッセイ国内債券インデックスファンド:+422
  •  レオス―ひふみプラス:+14,998

合計で資産は774,103円(プラス24,103円)となっております。すべてプラスなのはうれしいですね。

通常国内債券インデックスは225インデックスと逆相関を示すのですが、現在は運よく両方が含み益となっています。

3月後半から4月にかけて日経が下がり、一旦含み損となっていましたが(マイナス8,000円くらい)、その後の上昇で再びプラスに転じ、現在最高含み益となっております。

特にひふみプラスは変わらず絶好調です。次回の積み立ての際は全部このひふみプラスに突っ込みたくなってきますが、そこは抑えて堅実に分散投資!、ですね(新興国インデックスを追加しようかと思案中ですが・・・)。

変動幅が緩やかなのがストレスフリーであり、この積み立て投信の最大のメリットかなと感じています。

毎月積み立てているため、その変動も平均化されているような気がします(まだ積み立て初めて3か月ですが・・・)。3日間チェックしなくても平気になってきました(笑)。

さて、このままコツコツと進めていけばいつか春がやってくる・・・のか?

【追記】1年間運用した結果はこちら。