SBI証券のNISA口座で投資信託を積み立て運用して7ヶ月が経過しました。3ヶ月目くらいに一度マイナスとなりましたが、その後は順調に含み益を増やすことに成功しています。積み立て運用はストレスフリーで安心感があります。

今回はこの半年の運用結果と所感を紹介したいと思います。保有している銘柄は以下の5つです。

  • 三菱UFJ国際―eMAXISバランス(8資産均等型)
  • ニッセイ―ニッセイ日経225インデックスファンド
  • ニッセイ―ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイ―ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • レオス―ひふみプラス

最初の3か月の間は60万円(NISA口座)で運用し、3か月目から毎月10,000円ずつそれぞれに積み立てており(計5万円)、現時点で合計800,000円保有しています(それぞれ16万円ずつとなります)。

2017年6月30日時点でのそれぞれの評価損益は以下の通りです。

  • 三菱UFJ国際―eMAXISバランス(8資産均等型):+5,876
  • ニッセイ―ニッセイ日経225インデックスファンド:+8,985
  • ニッセイ―ニッセイ外国株式インデックスファンド:+9,412
  • ニッセイ―ニッセイ国内債券インデックスファンド:+92
  • レオス―ひふみプラス:+27,039

合計で資産は851,404円(プラス51,404円)となっております。なんと7ヶ月で6.4%の含み益です。投資信託ビギナーにしては上々の結果ですね。

ヘッジのつもりで債権も取り入れていますが、すべてがプラスとなっており、うれしい限りですね。

毎月の積み立て、というのは本当にストレスがたまりません。FXでは小額ずつですが、毎日積み立てていますので少しストレスフルです。結果もいまいち芳しくありません。

それにしてもひふみプラスは相変わらず絶好調ですね。アクティブファンドはこれ1つだけを組み入れていますが、5つの投資信託の総含み益の半分をたたき出しています。

日経225インデックスと外国株式インデックスがほぼ同じ運用成績ですね。日本が世界の相場と連動しているということでしょうか。

国内債券が思ったより下がっていませんので、相場の動向を注視したいと思います。

ちなみに本日がこれまでの最高の含み益となっております。たまたまそうなっただけですが、これからも順調に利益が膨らんでいくことを願っています。

7ヶ月運用した所感ですが、開始当初(50万円でスタート)の変動は3日で最大1,000円くらいだったのが、最近は最大1,500~3,000円くらいになっており、少々幅が大きくなっています。

毎日チェックしてしまいますが、まだまだ許容範囲といったところです。ストレスフリーですね。

【追記】この4か月後、つまりちょうど1年たった運用結果はこちら。