マイホームを買いたいと考えている方は、いろいろと夢が膨らみますよね。

外観、間取り、ビルトインファニチャーなど、買うと決めたはいいけど何から考えたらいいかわからないことも多いでしょう。

「あったかハイムが待っている」、「天井の高い家っていいよな」などのCMを見る機会も増えてきました。空前絶後の低金利の今、各ハウスメーカーも宣伝広告に力を入れているのでしょうか。

ただ、CMやハウスメーカのサイトを見ただけでは必要な情報を具体的に知ることは困難です。

そんな時には住宅展示場です。ハウスメーカー渾身の一戸建て住宅が所狭しと並んでいます。もう目移りしまくりですが、参考になること請け合いです

今回は、新築注文住宅を買うまで10年以上展示場に通い詰めた私(笑)が、新築一戸建てを買うにあたって、住宅展示場に内覧に行くメリット・デメリットについて、あくまで個人的口コミでまとめます。

下記のような方の参考になれば幸いです。

  • そろそろ住宅購入を考えていて、できればハウスメーカーでステキな家を買いたい
  • いくら出せばどんな家に住めるのか知りたい
  • どのハウスメーカーを選んだらいいか迷う
  • そもそも家のことよくわからない
  • 住宅展示場に行くと怒涛のセールスを受けそうで怖い(笑)
スポンサーリンク







住宅展示場は夢を与える場所

家を工務店で建てるかハウスメーカーで建てるかは迷うところですね。工務店のメリットはまず第一に「価格の安さ」です。素材や工法にこだわりがなければかなりリーズナブルなお値段で家が建ちます。

また、ハウスメーカーに比べてフットワークが軽いので、住み始めてからどこかに不具合があっても電話一発ですぐ飛んできてくれます(ハウスメーカーだと、地域担当者に電話して日取りを決めて・・・、になったりします)。

一方、間取りは画一的(バリエーションは少なめ)で、家の「造作」という観点からは、「お値段なり」ということになります。

ようするに「普通の家」なので、「あらステキ!」にはなりにくい、ということですね(普通だがステキな家ももちろんあります)。

ハウスメーカーは、工務店に比べてやはりお値段がお高くなります。ざっくり同サイズで比較して1.5~2倍くらいになりますね。

この時点でハウスメーカーパス!となる方は以下の記事を読む必要はありません。

いやーハウスメーカーマジで高いです。そこは覚悟していただきたいところです。

たしかに高いですが・・・

それ以上に素晴らしすぎる!

んです。単にハウスメーカーが施工した展示場の家がデカいとかいうことではなく、

造作がしっかりと造り込まれている

という表現がぴったりくるんですね。まず壁が厚い。高レベルの耐震性、防湿性、遮音性、耐熱性などが期待できます(注:個人的所感です)

さらに素材の種類による高級感が違います。そりゃもう全然違う

CMやネットの写真で見るのと、実際に肉眼で近距離で見たり触ったりしてみるのとでは天と地ほどの差がありますね。

感覚的には、スマホで見るVR画像と現実くらい違います(笑)。ま、展示場にいけばわかりますのでまず行きましょう。

住宅展示場は、単に買う前に参考程度に訪れる場所ではなく、「買うと決めたら打ち合わせに何度も通う場所」でもあります。長い付き合いになります。

すべてが「豪邸」レベル

住宅展示場にあるハウスメーカーの住宅はすべてが「とにかくデカい」んです。およそ100坪程度の土地に、250~300平米もある住宅が並んでいます。

東京なら土地2億(もっとか?)、建物1億で計3億円なり!

みたいなやつが所狭しと建っている。嗚呼、それが住宅展示場(笑)。

まぁ比較的小さめかな、と思った家でも、営業の方に「この家いくらっすか?」って聞くと「建物はおよそ7,500万円くらいですね」とか普通に言われます。

いったいワシらを誰やと思てんねん!?(笑)

と言いたくなるようなお値段となっております。うーむ、住宅展示場恐るべし。

ですがこれは当然なのです。住宅展示場の家は宣伝用に建てられたもので、最高級の素材を使い、各ハウスメーカー自慢の工法で建てられた最高級品なのです

まぁなんて素敵!と思ってもらうための展示場ですから、それはもう豪華絢爛になってますね。つまり・・・。

金に糸目をつけさえしなければこのレベルまでいける

という目安だと思っておきましょう。所詮一介のサラリーマンの手が出る金額ではありません(泣)。

我々は何をしに展示場に来るのかといえば、次のような点を知るためではないでしょうか。

  • 家の種類や外観の雰囲気の違い
  • 間取りや天井の高さが与える印象の違い
  • 自分たちの経済力でどこまでイケそうか

私が賃貸に住んでいるころ、近所にいくつかハウスメーカーで建てたと思われる家が建っており、どれも「お、カッコいい家やな」と思うものでした。

ただ他人の家なので中には入れませんから、外観のみの印象しかわかりません。住宅展示場では当然中に入れますから、外と内、の両面から住宅の雰囲気や印象を実感できます

何度も言いますが、これは住宅展示場に行ってみれば、その効果を肌で感じることでしょう。玄関に入った瞬間から、

おおおおお、これはスゲー・・・!

となります。保証します(笑)。

ほとんどが2世帯住宅の謎

もう一つ、住宅展示場の家が大きい理由として、ほとんどが2世帯住宅である、ということが挙げられます

これは個人的には謎ですね。最高級品でデカいのは宣伝用としてわかりますが、なぜ2世帯?と思います。

バブルの頃の名残かな?とは思いますが、30年近く前の話なのでどうかな~。確かにあの頃はまだ終身雇用で核家族が今ほど多くはない時代でしたので、親と同居する世帯は多かったように思います。

でも最近は時代も大きく変わりつつありますから、親と同居は少数派なのではないでしょうか。

まぁそれは個人の問題ですから、自身のライフプランと相談すればよいことです。

一度展示場の営業の方に、「2世帯住宅を買われる方はいるんですか?」と聞いたことがあります。その時は「数は少なくなってきていますが、親世帯の方が購入されます」との回答でした。

なるほど。そらそやろ。子世帯で2世帯が買えるとは、よっぽどの富裕層でないと難しいでしょうね。

また、「子世帯と親世帯の共同購入」もあるとのことでした。老後の面倒とセットで相続、といった感じでしょうか。

10年前の住宅展示場はほぼほぼ2世帯住宅でしたが、最近は展示場のリフォームの際に、単世帯住宅も建てるハウスメーカーも増えてきているようです(10年通った実感です)。

イベント開催日は家族連れが楽しい

住宅購入を考えるのは、多くは子育て世帯ではないでしょうか。子連れで住宅展示場に行くのは楽しいですよ。

特に休日は展示場がイベントを開催している場合が多く、住宅展示場の受付でスタンプラリー用のシートをもらえたりします。5軒以上回ってスタンプがそろえば景品がもらえる、といったものですね。

また各ハウスメーカー個別の景品ももらえます。日用品などですね。家に入るたびにもらえるので持ちきれなくなったりします。その場合は一旦車に戻りましょう。

子供がもらった風船を手放してしまって大泣きしたことがありました。いやー懐かしい。

平日に比べて、土日やイベント開催日はやはり人が多いのですが、営業マンの目を気にすることなく内覧できるというメリットもあります(そこら中に人がいるので声をかけられる可能性が下がります)。

私は年に2,3回は展示場に行っていました。車で行ける距離にある住宅展示場はほぼすべて網羅したといっていいでしょう(笑)。

いつか俺もこんな感じの家に住みたい

それが働くモチベーションの一つであったことは間違いありません。

営業担当者の印象は大事

住宅展示場を巡って重要だと感じたことの1つに、「営業担当者の印象」があります。

各ハウスメーカーはもちろん研修をクリアした営業担当者を配置していると思いますが、実際に家を買うことになった際に、最後までお付き合いすることになるのが、最初に担当した営業担当なのです。

家を建てるのには時間がかかりますから、半年~1年くらいのお付き合いになる場合がほとんどです。ですので、自分の営業担当者とは相性が良い方がいいですよね。

ただこれは個人の相性になりますから、目当てのハウスメーカーが決まっていたとしても、いくつかの住宅展示場の同じハウスメーカーを回って、良さそうな営業担当者を決めればいいでしょう。

私は家を建てるなら某ハウスメーカーで、と思っていたのですが、とある展示場で会ったその某メーカーの営業の方がかなり頼りない印象でした。

他の展示場ではいい感じの人がいたのですが、配置換えで転勤になってしまい、その某メーカーとは縁がなかったように思います。

ある時、そろそろ本気で家を買おうか、という時に展示場を訪れました。駐車場に一番近いハウスメーカーから回ろう、ということで最初に入ったところですごく印象のよい営業の方に出会ったのです(まさに運命の出会いでした)。

そのハウスメーカーは当初私の買いたいメーカーリストには入っていなかったのですが、あまりに好印象だったので、そのまま土地の内覧に行き、担当をお願いすることになりました

その後、そのハウスメーカーに施工をお願いすることになり、その営業担当者とは1年近くに渡るお付き合いとなったのです。

いやー、営業担当者大事です。

もちろん、まだ買う気はないけど展示場に行きたい、という場合は特に営業担当者のことを気にする必要はありません。いわゆる「冷やかし」ですね(笑)。

私も冷やかし歴10年でしたから。営業の方ごめんなさい。まだ買う気もないのに展示場行きまくってました。

住宅展示場を巡るメリット

住宅展示場に行くメリットはいくつもあります。自分のライフプランや家族の考え方で何がメリットになるかは違うと思いますが、大きくは以下のようになるのではないかと思います。

  • 高級住宅(素敵な住宅)とはどんなものかわかる
  • 各ハウスメーカーが建てる住宅の雰囲気、印象がわかる
  • 鉄筋・木造の違いや、工法の特徴がわかる(ほとんどの家に工法の特徴を説明するスペースがあります)
  • 家を見ながら営業担当者になんでも聞ける(どんなしょーもない質問にも笑顔で答えてくれます)
  • 営業担当者の印象がわかる(別の展示場で契約しても、担当者の指定は可能)
  • 自分の経済力の限界がなんとなくわかる(確実に知るにはシミュレーションが必須)

まずハウスメーカー施工の家とはどんなものか直接見て比較できます。これは大事ですね。

展示場の家はすべて豪華ですが、リビング、ダイニング、キッチン、寝室、子供部屋、などのパーツを見て、その優先順位によって自分の希望を叶えることは可能です。

キッチンは絶対アイランド型!とか、寝室だけは高級ホテル並みがいい!などのこだわりがあるのなら、そこはお金を突っ込むポイントになりますね。

また、各ハウスメーカーの特徴を知ることも大変参考になります。地面から家の床までの高さや、天井の高さ、鉄筋が得意なのか木造が得意なのか、等が重要なポイントになります。

あと、デザインにこだわるなら、完全注文設計が可能なのか、という点ですね。工法によっては選択肢の中から選ぶメーカーも多くあります。

部屋の一部の壁が丸みを帯びた(カーブしている)施工が可能なのかどうか、なども人によっては重要なポイントですね。

また、展示場に行く最大のメリットは、「質問できる」ことだと思います。

私は展示場に行って家に入ったら、以下のような質問をしまくります(買わなくても聞きます、だって知りたいから)。

  • この家はいくらで建つか(土地は除く)← 一番した質問がコレ
  • 天井までの高さはいくらか
  • この部屋は何畳か、あるいは何平米か
  • 一階和室部分をカットしたら、家はいくらになるか
  • 一階和室部分をカットをしたら、そのサイズの家を建てられる土地の坪数はいくらか(建ぺい率を考慮して電卓をたたいてくれます)

まぁ自分でもちょっとめんどくさい客だったかな、と思うこともありましたが、いずれ家を買う時に必要な情報ですので、「今すぐ買える状況ではないんですけど」とお断りして質問していましたね(やっぱ迷惑?笑)。

最後のメリットが「自分の限界を知れる」ことですね(笑)。

住宅の購入は私には大きな夢でしたが、現実に落とし込むとどれくらい(の金額)になるのかは正確に知っておきたかったので、来るべきその日に備えて展示場巡りを繰り返しておりました。

いやー1つの展示場に3回づつは行ったかなー。別の展示場で同じ営業担当者に会うこともしばしば(笑)。

住宅展示場のデメリット

これといって重大なデメリットはないような気もしますが、あえて以下を挙げたいと思います。

  • 夢を見過ぎていると現実に叩きのめされてショック(笑)
  • 展示場の家に入るたびに、「訪問者シート」にいろいろ記入させられる
  • 営業電話やDMが来る

最初にも書いた通り、展示場の家は全部高級住宅なんですよね。自分の年収では住めるわけないところに入ってると、やはりそれなりにがっかりします(私の場合)。まぁすぐに慣れますけど(笑)

あと「訪問者シート(メーカーによって名称はいろいろ)」ですね。住所や家族構成や年収とかですね。これは正直めんどくさい。5軒回ったら5回同じことを記入するわけですから。

展示場受付で一回記入したら、それぞれの家では名前だけでオッケーとかにしてほしいところです。

まぁでも営業の方の立場からしたら、「こいつら実際に買うタイミングか、ただの冷やかしか」くらいは最初に知っておきたいでしょう。仕方ありません(笑)。

私は書くのは妻に任せて子供と内覧スタートしてましたけど!(笑)

営業電話は「すいません、今すぐ買う状況にはないので、状況が変わったらこちらから連絡します」といえばかかってこなくなります。向こうの見込み客リストから消えるんでしょうかね(笑)。

まとめ

これから新築一戸建て注文住宅の購入を考えておられる方へ、住宅展示場を巡るメリット・デメリットについてまとめました。

展示場のメリットは、実際に家の中に入ることにより、以下の点を肌で感じ取れることです。

  • 高級住宅の印象
  • ハウスメーカーが建てる住宅の雰囲気の違い
  • 間取りや工法の特徴
  • 営業担当者の印象

金額はどれくらいなのか、どこまでフレキシブルに間取りを変えられるのか、などの自分の住宅プランにどこまで合致するのか、という点について、営業マンに事細かく質問できるのも大きなメリットです。

ハウスメーカーが建てる最高峰の高級住宅ですから、それはもう感動モノです。

私は何度も同じ展示場を訪れていますが、たとえ同じ家でも毎回感動しています(笑)。それほど展示場の家は素晴らしい。

家族で休日に訪れるなら、半日があっというまに過ぎるくらい楽しめます。イベントが開催されているならお土産もいっぱいもらえます。

マイホームはハウスメーカーで注文住宅を、と考えておられる方はぜひ一度展示場を訪れて下さい。金銭的プランの大幅な変更を余儀なくされる場合もあるかもしれませんが(笑)、ものすごく参考になることは間違いありません

また、ほとんどのハウスメーカーで、そのメーカーで実際に家を建てられた方のマイホームを内覧することが可能になっています。

これはめちゃくちゃ参考になりますので、ぜひ訪問すべきでしょう。そのメーカーが建てた、自分の考えているサイズと同程度の家を見れるんですよ。

しかも展示場とちがってバリバリ生活感あふれる状態で内覧できるんですから、見せてもらわない手はありません。

あなたも建てたら同様のお願いをハウスメーカーからされると思います。快く引き受けましょう。

私も3件ほど内覧させていただきました。ある方の家では、キッチンやビルトインファニチャーなどの金額まで事細かく教えていただくことができ、大変参考になりました

実際の購入までは、展示場での参考情報を踏まえながら、住宅ローンの金額をシミュレーションし、随時修正していけばよいでしょう。大きな買い物は慎重にいくに越したことはありません。

ちなみにハウスメーカーを絞れないのであれば、一時金を入れることで複数のメーカーに仮設計を依頼することは一般的に可能です。

一時金の目安は基本的に物件価格の10%程度といわれていますが、価格にかかわらず100万円程度の入金で3社に同時に依頼することが可能です(もちろんその旨は伝えます)。必要な金額はハウスメーカーによって異なります。

最終的に1社に絞るわけですが、これらは仮設計なので、選にもれたメーカーからは実際に設計にかかった経費を引いて返金してもらえます(設計レベルであれば、大半が返金されます)。

こういった対応が可能かどうか各メーカーに問い合わせれば答えてくれます(大手であればほぼ可能だと思います)。

私の友人も数社に一時金を入れて比較し、最終的に1社に絞って契約しました。住宅購入は大きな決断が必要ですので、この辺りは遠慮せず、満足のいく住宅購入にすべく頑張っていきたいところですね。

住宅展示場巡りは本当に楽しいです。本気なら堂々と、完全に冷やかしならやや控えめに(笑)、いろいろと質問していきましょう。

そろそろ住宅購入を本気で考えているのなら、展示場を巡ってマイホームを妄想しつつ(笑)、まずはしっかりと家計簿をつけて、世帯の経済状況を把握し、ライフプランをシミュレーションしていきましょう。

住宅購入における返済額(借入額)の目安は以下に詳しく述べていますが、1年間の返済額が世帯手取り収入の25%以下だと比較的安心です。ただし、同じく世帯手取り収入の25%を同時に貯蓄できるなら、という条件付きですが。

上記の記事の条件が満たされているなら、35年ローンを組んだとしても実際には17,8年で完済できる状態になります(完済できる額が貯金されている、ということになります)。

世帯手取り年収が分かれば、最大可能借り入れ額が分かります(金利1.5%でシミュレーションしています)。

皆さまの住宅購入の参考になれば幸いです。